So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

都議選を考える [議員仕事]

昨日、都議会議員選挙があり、
都民ファーストの会が躍進し自民党が23議席と大敗しました。

都議選の自民党の選挙中に、
安倍政権のほころびや自民党衆議院議員の悪態、醜聞などで、
予想されていましたが、
これほどの大敗とはという思いが強いです。

今までの自民党の支持が異常だったわけで、都議選でその不満などが噴出し、
受け皿として実績がないが、
クリーンなイメージのする都民ファーストの会に多くの有権者が流れたのでしょう。

一度、自民党は謙虚な気持ちでやり直さなければなりません。

小泉進次郎衆議院議員が自民党に対して「いつでも野党になる可能性がある」と言っていましたが、
本当にその事を全ての議員が肝に銘じてもらいたいと思います。

私は自民党逆風の時に自民党公認として我孫子市議会議員になりましたので、
ひどい自民党に対する批判も意見もはっきりと覚えています。
「心に望起これば困窮したる時を思い出すべし」と言う徳川家康家訓を、
改めて心に刻んでこれからも謙虚な姿勢で政治家としてやってきます。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。